株式会社aroot > 株式会社arootのスタッフブログ記事一覧 > 不動産のお話

不動産のお話

≪ 前へ|LIBERTY PEANUTS ON THE TABLE   記事一覧   エコカラット 施工事例|次へ ≫

不動産のお話

カテゴリ:不動産のお話


少しずつ不動産のお話ができたらなと思います。
ちょっとでもみなさんのためになれば幸いです。
※代表は一応、法学部出身です。


早速ですが、民法が150年ぶりに改正されることをご存じでしょうか?
ここで不動産に大きくかかわってくる部分が売買契約の部分です。
これから土地を購入して、家を建てる方も多いかと思います。


旧民法の考え方は、不動産(特定物)に隠れた瑕疵(欠陥)があっても
売主は補修する余地なく、現況で買主に渡せばOK!だったんです。


→ それってすごく買主に不公平ではないか??ということで
「瑕疵担保責任」という制度ができました。
瑕疵担保責任によって、損害賠償請求か契約解除が可能になったんです。
※瑕疵担保責任とは、隠れた欠陥があったときに責任を追及できること


ここから新しい民法の改正点ですが
そもそも、買主は欠陥のある住宅なんて想定しないので
欠陥がなければ、責任の追及はできなかったんです。


→売主は物件を現況で引き渡すだけでなく
「契約の内容に適合した物件」を引き渡す責任を負う!ことを前提に
物件に欠陥があれば、売主は債務不履行責任を負う!と改定されることになりました。
債務不履行責任とは簡単に言うと、ちゃんと頼まれたことに対して責任を負ってくださいということ。


つまり、
【従来】物件に瑕疵があれば、責任追及できる。
【改正後】種類・品質・または数量に関して契約にあってなければ
     契約不適合責任を追及できる


もし、2020年4月に改正されて、お家を購入した際に
「契約書の内容とここ違うんじゃない?」
「欠陥じゃなくても、これは望んでないんだけど…」
というところを見つけた場合
それは「欠陥」ではなく、「契約不適合」として
売主に責任の追及ができます。


欠陥だけが認められるものではなく、契約と違う点も認められるようになりました。
これから家を購入される方は、この知識を大切にしていただきたいのと
契約書の内容はとても大切になりますね。


≪ 前へ|LIBERTY PEANUTS ON THE TABLE   記事一覧   エコカラット 施工事例|次へ ≫
  • aroot BLOG
  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 更新情報

    2020-01-01




    更新情報一覧

  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社aroot
    • 〒880-0845
    • 宮崎県宮崎市新城町21
      第1新城荘1F東
    • TEL/0985-41-5720
    • FAX/0985-41-5721
    • 宮崎県知事 (1) 第4935号
  • Twitter
  • 更新物件情報

    2020-09-21
    コンフォート平和台Aの情報を更新しました。
    2020-09-21
    ヴィラ・ルピナスⅡの情報を更新しました。
    2020-09-21
    エトワール S・Kの情報を更新しました。
    2020-09-21
    アメニティ源藤 Bの情報を更新しました。
    2020-09-21
    ネオ・グランツの情報を更新しました。
    2020-09-21
    ハイルングス ラオム Ⅱの情報を更新しました。
    2020-09-21
    シールド青葉の情報を更新しました。
    2020-09-21
    コンフォースの情報を更新しました。
    2020-09-21
    ヴィラデストの情報を更新しました。
    2020-09-21
    プランドールM Ⅴの情報を更新しました。
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る